関西リアルエステート株式会社
AM9:30~PM7:00
水曜日
2017年08月04日
日記

老いを認めるという事


先日の休みに子供二人を連れて観てきました!

カーズクロスロード!

カーズシリーズの3作目になりますが、前の2作は映画館ではなくDVDのレンタルでしたので、劇場でカーズを観るのは初めてでしたので、家とは違うレースの臨場感に子供たちよりもワクワクしていました。

序盤、中盤、終盤と3度泣かされましたが、その都度子供たちがパパ泣いてる^^とニヤニヤ...

子供たちと観に行く映画は大体最初と最後しか覚えてないのですが、今回は寝ることなくバッチリ最後まで観ることができました。

映画のタイトルにもあるように今回のテーマは老いと向き合う主人公の物語となります


今まで連戦連勝を飾ってきたレーシングカーが、若い世代が台頭する中で自分と向き合い人生の分岐点を見つける今回のお話し。

シリーズ1作目はマックイーンと相棒のメーターの2人が主役の物語。

シリーズ2作目は相棒のメーターがまさかの主役でどったんばったん騒がしい物語。

シリーズ3作目は相棒のメーターの出番はなくマックイーンとあるレーシングカーが主役の物語となります。

シリーズを通して観てるからこその感動もありますが、子供がいらっしゃるご家庭は是非家族で見て頂けるとみんなで楽しめる映画です!

 

以前ある知人に良かった映画はどんなのがある?と聞かれ、カーズと答えた時に「アニメやん」と一笑されて、悲しかった記憶があります。

面白いもの。楽しいもの。感動するものにアニメだからとかは関係ないと思います。その知人に是非3作観て下さいと言いたくなりました!

ちなみにその知人が面白いといった映画はアナと雪の女王でした。

って、、、アナ雪もアニメやんっ!

arrow_upward